日本野菜ソムリエ協会の「野菜ソムリエ」資格取得のすすめ 野菜の目利き、活躍の場が広がる プチ講座付き無料説明会随時開催中

野菜セミナー・資格
野菜ソムリエで学ぶことは一生の財産。これからの食生活を豊かにしてくれます。
買い物指南案内人<span class="marker-under-red">はる</span>
買い物指南案内人はる

『野菜ソムリエ』という資格をよく耳にします。

日本野菜ソムリエ協会の資格です。

野菜ソムリエとは「野菜・果物の専門的な知識を身につけ社会に価値を伝えるスペシャリスト」(日本野菜ソムリエ協会のウェブサイトより)

全国に57,000人もの方が資格取得して活躍しているそうです。

職業「野菜ソムリエ」としてこれから活躍することも可能です。

野菜ソムリエへの第一歩

野菜ソムリエを取得するメリット

野菜を目利きできる

野菜の正しい保管方法や鮮度を保つ方法を習得

野菜の栄養とおいしさを引き出すような調理ができる

いい野菜をたくさん食べて健康になれる

野菜や食の知識が広がり活躍の場が広がります。

「なす」の見分け方

先日テレビをみていたら、「なす」農家の方がなすの見分け方を伝えていました。

新鮮な「なす」とは

へたの下が白い。

太陽の光を浴びると「なす」の表面は紫色になります。

「なす」は夜間に成長して、へたの下が伸びるそうです。陽の光を浴びていないから成長した部分は白です。

だから、朝に採ったなすはへたの下が白い。新鮮な証拠だそうです。

へたの下の白い部分が長い「なす」が新鮮だそうです。

こちらは先日おためしセットにはいっていたRadish boyaのなす
らでっしゅぼーやのなすときゅうり 見た目も味も新鮮でした。

ポリフェノールが多い「なす」の見分け方

ポリフェノールが多いなすは、「なすの皮をみて選べ」

と、そのテレビ番組では言っていました。

意外にも皮にキズがある「なす」が、ポリフェノールが多いそうです。

皮にキズができると、自分でなおそうと「なす」ががんばるので、ポリフェノールナスニンという成分が高くなるそうです。つまり、栄養価が高くなるそうです。

抗酸化作用が高いといわれている「なす」

動脈硬化予防にも食べたい野菜です。

良い品を選んで、栄養を効率よく体にとりいれたいです。

「なす」の正しい保管方法とは。冷蔵庫の野菜室はNG

今まで野菜室に普通に入れていました。

「なす」はインド原産。暖かい地域が故郷の野菜。寒い空気にあてるとダメだそうです。皮や身が傷み、皮から水分が抜けてスカスカになってしまいます。

正しい保管方法は、1個ずつラップをして、常温保存だそうです。

間違った保存方法だと、新鮮さが失われます。

野菜ソムリエの勉強をして野菜を知りましょう

野菜ソムリエはだれでも挑戦できます

食べることが好きな人、野菜が好きな人、資格が欲しい人、食を職業にしたい人

家族のために食事を作って日々の栄養管理をしている主婦/主夫の方

だれでも学ぶことができます。

興味がある方は、無料講座説明会や体験談、電話相談など、事前にどんなカリキュラムかを知ることもできます。

ZOOMでの説明会も実施されています。

いくつになっても勉強は楽しい!興味があることなら尚更

大人の資格試験勉強。プレッシャーに感じることはないと思います。

特に好きなことだったり、すぐに役立つことだったら楽しく学ぶことができる。

食べることは生涯続きます。

案内人<span class="marker-under-red">はる</span>
案内人はる

日本野菜ソムリエ協会の無料体験会をのぞいてみませんか?

開催日をチェックしてみてくださいね。予約受け付けています!

資料請求も↓↓↓こちらからできます

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました