防災食に吉野家の牛丼

吉野家 缶飯 牛丼防災用品
非常食に吉野家 缶飯牛丼を購入

もしもの時に備えて、防災グッズを少しづつ買いそろえています。

牛丼吉野家の缶飯を買ってみました!

防災食品おいしいと評判の食品を買うようにしています

防災食品は、政府が推奨している『ローリングストック法』で、

買った非常食を食べて買って、家には常に新しい非常食を備蓄しています

買い足すのは年に数回と決めています。

『天災は忘れたころにやってくる』

ならば、『天災を忘れなければやってこないのでは?』と信じて、

日頃からもしもの災害時に備えて用意してます。

でも、いつも、気を張って地震などの天災を心配していたら気が滅入ってしまいますよね。

だから毎月ではなく、年に数回、時期を決めて購入しています。

日常使いの備蓄食品を選ぶ感覚で、防災食品を選びます。

日常使いの備蓄食品を選ぶときは

  • 美味しい
  • 保存期間
  • 保存の仕方(常温保存か、冷蔵保存か、冷凍保存か)
  • 形態(保存スペースは取られるかどうか)

上記4点を考慮します。

吉野家の牛丼の缶飯を購入した理由は、他の方のブログで紹介されていたから。

そのあとアマゾンのサイトをみて、自分の防災食品の条件に合うかどうか確認しました。

  • ご存じ吉野家の牛丼の味は、おいしいに決まっています。
  • 缶詰だから長期常温で保存可能
  • アマゾンのサイトの商品写真を確認すると、缶の厚みは割と薄め。場所を取りません。
アマゾンで購入。ヤマトの常温便で届きます。
試しに6缶セットを購入。12缶入りや、牛丼以外が入っているセットもあります。
吉野家の牛丼の缶めし6個セット 思ったよりも缶の厚みは薄いです。

防災食を購入するときには、もう1点確認することは口コミをみることです。

なるべく口コミは参考にしています。

吉野家の牛丼の缶飯の口コミ評価は賛否両論。たくさんの方が買っているという証でもあります。

口コミ内容は、おいしい、いつもの味という感想から、リゾットに近い、水分が多いというような口コミまでいろいろ。おそらく水分を感じるのは、緊急時に食べるとき用に水を多めに炊き上げているから。避難生活で、のどに食べ物が通りやすいように工夫されているのだと思います。

「金のいぶき」という高機能玄米が使われています。栄養価が高く、ビタミンや食物繊維が豊富だから、避難生活時に不足しがちな栄養を補うためです。

口コミを読んだ上で、購入を決定しました。理由の一つは、

我が家は魚の缶詰ばかり。

お肉の缶詰も欲しかったから。お肉の缶詰だったら、牛肉の大和煮や、ランチョンミートなどもありますが、いずれも我が家ではなじみの味。

たまにはいつもと違うブランドの肉系の缶詰を購入しておきたいなと思いました。

【吉野家 缶飯 牛丼】非常用保存食 6個入りをアマゾンで購入
牛丼具と「金のいぶき」という玄米で作られた牛丼 
食べ方は 常温のままでも。缶ごと10分湯せんでも。

防災食、非常食を購入するときにいつも思う事

非常事態下で食べる日が来ないように祈るばかりです。

実際に、外へも出られず自宅避難となってしまったときには、

いつもの牛丼の味がしみ込んだ吉野家の牛丼缶飯は、元気をださせてくれるだろうと思います。

吉野家 非常用保存食 缶飯 牛丼3缶+豚丼3缶 計6缶セット

吉野家 [缶飯6 種バラエティセット] 非常食 保存食 防災食 缶詰 /常温便

にほんブログ村 料理ブログ 食材・宅配食材へ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました